比較サイトを使う際

比較サイトの使い方に注意する

以前は一般家庭で水のサーバーはあまりみかけませんでしたが、今は普及し取り扱いの会社も増えています。それに伴いレンタルサーバーの比較サイトもよく見かけるようなって来ました。 しかしこのような比較サイトは万能ではありません。全ての会社を網羅しているわけではないからです。 純粋に管理者が知識として得たものを皆様に公開するという形の比較サイトも中にはありますが、比較サイトの形をしながらもそのサイトからの契約が決まるとバックマージンがもらえるアフィリエイトサイトである事もあるのです。 どちらのサイトでも、希望するサーバーの情報が正しく得られるのであれば問題ありませんが、情報の見せ方には驚きの工夫がされているのです。

まずは自分の希望をはっきりさせる

例えばバナジウム入りの天然水を希望していたとして、比較サイトを見たとします。5社ほどの天然水に対するバナジウムの含有量や価格などを比較していて、最安値に見える所があったとします。 しかしそれが本当に天然水を扱っておりバナジウムの含有量が一番安い会社なのかというと、そうでない場合もあります。 全部でバナジウム入りの天然水を扱う会社が10社あったとして、その中の中間5社の比較であったなら、その比較に最安値の会社は乗らないのです。 安くて質が良いと思い契約したのに、後日もっと良い会社があったと知るのは嫌なものです。そんな事にならないために、ウオーターサーバーに求める自分の条件を優先順位を決め3つほど明確にします。そのワードで検索を個別にかけていくと自分に合った優良な会社と出会う事が出来るはずです。